賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸で敷金ゼロの場合賃料延滞時の督促が厳しい

何らかの使用料を支払うとき、大抵は使用したあとに支払います。利用に応じて料金が決まるのが理由のこともありますが、固定料金においてもそのようになっています。使った分に対してあとで支払うのでわかりやすいと思うでしょう。賃貸物件に関しては、多くの場合前払いになっています。今から利用するときに、その月分を支払うことになります。月末に引き落としがあったとすれば、それは翌月分になります。まだ使っていないものに対して支払う仕組みです。

これは古くからある仕組みで、できるだけ賃料の滞納がないように考えられているのでしょう。また、敷金を入居時に払うことで、より滞納が減ることになります。賃料の数箇月分なので、仮に滞納があったとしても、敷金を精算するときに差し引けば賃料は確保することができます。問題は敷金がゼロの物件の場合です。この場合、滞納があるとすぐに賃料が支払われない状態になってしまいます。貸主にとっては、リスクが発生してしまうのです。

そのことから、敷金ゼロの物件では、賃料が延滞された時の督促が厳しくなると言われています。それは覚悟しておいたほうが良いでしょう。敷金として預けることはなくても、貯金などで数箇月分は用意しておいたほうが良いと思います。

推奨記事