賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸物件の敷金礼金について

集合住宅・一戸建ての別にかかわらず、賃貸物件の借り始めに家主から敷金礼金を家賃とは別に請求される場合があります。プラスそれが宅地建物取引業者の紹介なら仲介手数料もかかります。敷金とは預り金的性格を持ついわば保証料みたいなもので、賃貸借契約が終了し、部屋を明け渡したときに借り主に返金されるのが原則です。家賃の未納があっても敷金から充当することはできませんが、以前は部屋等の現状復帰費用をこの敷金から差し引いて借り主に返金する慣例が横行していました。ところが裁判所で通常使用による部屋等の減価償却は家賃に含まれるとの判例が出たため、今ではよっぽどのことがないかぎり家主は預った敷金をそのまま借り主に返金する場合が多いようです。

礼金は家主にとっては返金不要のお金で、その年の不動産所得に計上されるものです。意味付けとしては文字どおり借り主から貸主へ部屋等を借していただくことのお礼のお金ということになりますが、大半の人がそう感じる通り脆弱であり、地域的な慣行によるところが大きいようです。

個人的には今まで借りたふたつの賃貸物件のうちひとつは礼金を支払いましたが後のひとつは支払いませんでした。これは地域的慣行というよりは住宅金融公庫(当時)からの借り入れて賃貸用物件を建設した場合礼金はとれないという制度によるものでした。礼金の相場は家賃の2〜3か月分でしたので、支払わずに済むことは大いに助かったものです。

推奨記事