賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸で敷金をもらうために設備を撤去する

自分自身が使いやすいからと住宅に設備を設置することがあります。それが周りの人も使いやすく感じるのであれば、付加価値になります。しかし、その人のみが思うものだと、付加価値になりませんし、逆に価値を下げることにもなりかねません。インテリアなどにおいて、女性などはピンクなどが好きです。住みやすくするためにピンクにすることがあるかもしれません。しかしピンクが好きな人ばかりではありません。その人にはマイナスになってしまいます。

賃貸において、敷金を出来るだけ返してもらいたいと思うとき、自分で行なった設備を撤去するようにします。壁紙を自分の好みの色にしたのであれば、元の色に戻すことになります。この時には大家さんに一応確認をしてみましょう。もしかすると、そのままにしておいても良いと言われることがあります。また付加価値が高まる場合には、その分の価値を考慮して買い取りをしてもらえることもあります。それを撤去してしまってはもったいないです。

そのままで良い設備としては、洋式のトイレ、IHクッキングヒーターなどがあります。洋式トイレから和式トイレに戻そうとなると工事費もかかります。洋式トイレにする費用分を買い取りとして上乗せしてもらえることがあります。

推奨記事