賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸における敷金、礼金の基礎知識

賃貸の契約に付きものなのが敷金と礼金です。例えば家賃の○か月分などが、契約の際の初期費用として請求されます。この敷金と礼金は、とても馬鹿にならない出費です。これらの意味も分からないまま、支払うのは癪ですよね?しかし、これらはちゃんとした意味のある費用です。その解説をします。

まず、それぞれの簡単な意味を説明します。敷金はいわゆる保証金のような役割を持っています。例えば、あなたの不注意で壁に穴を開けてしまった、あるいは家賃を滞納してしまった等のリスクに備え、一時的に預かっておくお金の事を言います。ですので、特に何も無ければ敷金は契約を解除した時に全額返ってきます。何かに備えての保険として、預けているお金と解釈して問題無いと思います。礼金は、昔からのしきたりとして、「これからよろしくお願いします」といった意味を込め、家主に支払うお金です。これは、絶対に返ってくる事はありません。

最近では、敷金礼金無料といった物件も増えてきました。礼金に関しては、ある意味前時代的なしきたりを無くした形なので、違和感は感じないと思います。しかし、保証金たる敷金が無料というのは違和感を感じる、あるいは不安を感じる方もいると思います。そういった物件では、いわゆるクリーニング代といったものが初期費用として取られます。費用としては、ほぼ敷金と変わらない額だと思います。クリーニング代というのは敷金から差し引かれる場合がほとんどですが、無料の場合差し引くところがなく次の住居者に負担させるというのが、敷金無料のシステムです。クリーニング代は敷金と違い返ってくる事はありません。この辺を正しく理解し、賃貸を選びましょう。

推奨記事