賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸の敷金礼金について

敷金とは、賃貸に住んでいる人がリストラなどにあい、家賃を払うことができないという場合や通常生活では破損しないような破損の仕方をしている場合の修理に使われるお金のことです。敷金は大家さんにとっては保険と似たような意味をもつものです。敷金の場合、部屋をきれいに使っていれば、引越しの際に大部分は返してもらえます。また、長年生活する上でどうしても汚れてしまうところには敷金は使いませんのでこのような場合でも敷金は取られません。もし、大きな破損がないにも関わらず、敷金が返ってこないという場合には大家さんに確認をしましょう。引越し後に返してもらえることを考えると、部屋はきれいに使うことがお得だといえます。

また礼金とは、敷金が大家さんに保険ようにかけるお金であることに対して、日本の昔からの独自の風習で大家さんに謝礼として出すお金のことです。もっと簡単に言ってしまえば、部屋を貸してくれることに対しての感謝のお金です。昔は大体この礼金というものがありましたが、最近ではCMなどでも礼金0円という物件が増えてきています。礼金は敷金と違い、引越しをする際にお金が帰ってこないということが注意点です。地域によっては礼金を払う風習が無い所もあります。

推奨記事