賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸を借りる時にかかる費用

新しく賃貸契約を結ぶときにはいろいろな契約を結ばなければならず、それぞれの契約の金額は、家賃の一か月分がひとつの単位になっています。敷金家賃の二か月分、礼金家賃の一か月分など、家賃が単位になっているので、たとえば家賃が6万円なら、家賃二か月分という場合は、12万円支払うことになります。

賃貸のアパートやマンションの契約にかかわる費用に、敷金と礼金があります。今は敷金礼金無料という物件もよく見かけますが、支払う場合も多し、とくに敷金はきちんとある部屋のほうが、あとに支払いが楽になるということもあります。敷金は部屋を契約を終えて出るときに返金してもらえるものです。しかし、なんだかんだで戻ってこないことが多いので、あまり期待しないほうがいいと思います。

賃貸契約をするときに値切りができるというのは、あまり知られていないし、する人も少ないと思います。もちろん大家さんの返事次第ですが、ダメ元で家賃を値切ってみて成功したらラッキーです。家賃の他に値切りの対象になるのが、礼金です。礼金は意外と値切れたりします。初期費用の中で礼金もかなりの負担になるので、全額、または半額ぐらいにまけてもらえないか、不動産屋と交渉してみることをお勧めします。

推奨記事