賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸契約を結ぶ際の敷金や礼金について

賃貸契約を結ぶ際に、家賃の他に敷金と礼金がかかることは多いです。多くの方が、敷金や礼金という名前くらいは知っているとは思います。不動産業者になんとなく言われるまま、よく敷金や礼金について考えずに支払って方がかなりの数いらっしゃるかと思います。ですが、なぜ敷金や礼金がいるのか理由まで考えておくことがやはり大切だと思います。大切なお金を支払う以上、意味をしっかり理解した上での方が良いと個人的には考えています。

まずは敷金の意味を説明します。敷金は、賃貸契約をする際に借主がもし家賃を滞納してしまった時の担保としての意味合いで大家さんに対して、預けておくお金のことを言います。また、借主が部屋をいい加減に扱って部屋の中をボロボロにしてしまった時の修繕費としての意味合いもあります。よって、家賃を滞納しなかったり部屋を綺麗に扱っていれば、退去時に敷金は借主の元に返還される仕組みになっています。次に礼金について説明をします。礼金は日本特有の習わしであり、簡単に言うと大家さんに対して部屋を貸してくれたことの謝礼金だと思ってもらえれば良いと思います。これは、昔の事情が関係しているのです。戦後間もない頃に、賃貸物件の部屋がまだそれほどなかった時代に、大家さんに対して部屋を貸してくれたことへの感謝の意を込めた意味があると言われています。そういう考えが現代にも受け継がれているのです。ですが、礼金に関しては時代の変化とともにしだいに礼金を求める賃貸物件は減ってきています。

以上のように敷金や礼金についてどういった意味があるのか知っておくだけでも、とても為にになりますし大切なことだと思います。

推奨記事