賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

敷金がない賃貸は実は家賃が高い場合があります

敷金がない賃貸物件というものがあります。同じマンションやアパート内で敷金有りと無しという設定になっている場合もあります。その場合は実は敷金なしの物件の方が敷金有りよりも家賃が高い場合があります。ですから敷金がないからと言って得をする訳ではありません。敷金がない分、家賃に上乗せをされていると掛け捨ての保険に入ったようなものです。敷金を予め払った場合は最後に戻ってくる可能性がありますので、どちらが得をするかと言えば敷金を払った方が良いと言えます。

ですから最初に費用が多く掛かるからと言って敷金なしを選んでしまうと逆に損をしてしまう結果になることもあるのです。もちろん礼金に関してはない方が良いです。しかし敷金礼金はセットになっている場合も多いのです。ただそれ込みで考えても家賃が高くなるケースの方が逆に敷金を上回る費用が結局掛かって損をするかもしれません。やはり信用問題で賃貸を借りる際には初期費用が掛かります。損をしないためには最初にまとまったお金を用意できるかどうかにかかっているのではないでしょうか。ある程度の蓄えがあるという人は賃貸の貸し主からも信用されやすいということなのです。ですので引っ越すという場合は費用に余裕がある時にした方が良いと言えます。

推奨記事