賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸は家賃や初期費用が安いから良いという訳ではない

賃貸を選ぶ際の基準は当然、一番先に予算が来ると思います。しかし予算を考えてできるだけ安いところにしようとしても逆に費用が高くつくという場合もあります。しっかりとトータルで考えるべきでしょう。見た目安いという物件には特に注意が必要です。例えば敷金礼金がゼロと言っても見積もりを取るとしっかりと礼金を取られている場合があります。それは初期費用の内訳をみると一目瞭然です。例えば通常、家賃や火災保険や共益費そして仲介手数料が初期費用の主なものですが、この他に名目としていろいろ項目を設けて費用が掛かる場合があります。保証金とか、清掃代とかいろいろ名目を作ればいくらでも請求できてしまうのがこの初期費用です。結局礼金を取られていたという場合もあるのです。

ですから礼金がないと喜んで借りたとしても実は礼金は取られている場合もあります。無駄な経費がないところを借りるべきでしょう。しかしながら敷金が0という場合は家賃自体に上乗せされていることは多いです。付近の賃貸の相場と比べて極端に高いところはちょっと考えた方が良いでしょう。結局、敷金礼金ゼロだから安いという訳でもありません。こういったことを見られるようになるには経験なども必要かもしれません。しかし大体の計算で考えてみるとやはりおかしいなと思ったりするものです。アバウトでもいいですのでちょっと計算をしてみる必要はあると言えます。

推奨記事