賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸の初期費用と言えば敷金と礼金です

賃貸の初期費用の代表的なものと言えば敷金と礼金でしょう。部屋を借りたことがない人はよく分からないのがこのシステムです。敷金というものは家賃を滞納したときに保証になるものです。また部屋の改修が必要になったときにも充当されるものです。後は礼金ですがこれは本当にお礼金のような形で発生する費用です。余り借り手としては必要性を感じないものだと思う可能性はあるでしょう。これからお金を払って部屋を借りる相手にお礼するというシステムはやや変なものだと思います。お礼をしてまで部屋をお借りしないといけないというのは不思議な風習ではないでしょうか。

そういうこともあり、最近では礼金がない賃貸物件もありますので安心して欲しいと思います。ただ注意点としては通常、賃貸を借りる初期費用の内訳は敷金礼金、仲介手数料、火災保険、そして家賃ということになります。結構、費用が掛かると思う人もいるかもしれません。しかしこれ以外は通常、経費が掛からないと思って良いです。他に入会金や保証金を要求されるような賃貸物件も中にはあるようですがそういうところは避けた方が良いでしょう。使途不明の費用が発生する場合は余計にお金を取られている場合があるのです。またマンションなどでは管理費というものが取られる場合がありますが、これは使途が明確であり必要経費になると言えます。

推奨記事