賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

一人暮らしを始めようと賃貸の部屋を探すときに敷金と礼金という言葉を目にすることが多々ありました。最初はなんのことだかわかりませんでしたが、お金が関係していることだけはわかりました。お金が関係してくるとなると知らないままではいられないのでその意味を調べてみることにしました。敷金礼金を知らなかった私は世間知らずだったのかもしれません。その意味と理由について書いていきます。

最初に賃貸の部屋は持っている人から借りているに過ぎません。お金を払って生活している以上、その部屋は一時的に自分の物のなっただけで権利は持っている人の物になります。そんなときに部屋をかなり汚してしまったり、壊してしまったりした場合は弁償しなくてはなりません。そんなときに敷金というお金を先に払うことによって対処することができるのです。敷金は賃貸に入居する際に払うお金で自分が家賃を滞納したり部屋を破損したりした場合にはそのお金がから引かれる仕組みになります。そして礼金は貸してくれた人に対して感謝を表すお金になります。貸してくれたことにありがとうという意味があるので日本ならではかもしれません。この二つを知っていると部屋探しも楽になるかもしれません。

推奨記事